2013年02月24日

自然室温で暮らせる家「びおハウス」を島田市島に

びおハウス.JPG

 木の住まいづくり研究所とアクトホーム株式会社では、町の工務店ネットと建築家たちのチームがプロジェクトを組んで、これからの住まいに必要な要素を提案するコンセプトハウスとして、島田市島に、自然室温で暮らせる家「びおハウス」の建築候補地を選定しています。
 断熱性能を高め、冬の集熱、夏の遮熱をはかり、熱容量を考え、その上で、足りない分は太陽光発電で補おうという考え方です。空気集熱式パッシブソーラーや、アモルファスシリコン型太陽電池etc.といった新しい技術を搭載しています。
 木の住まいづくり研究所のブログ、およびアクトホームのホームページでご案内していきますので、どうぞご注目ください。
posted by 木の住まいづくり研究所/アクトホーム株式会社 at 19:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | New Basic 2012 Bio PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。