2012年12月30日

豊かで素敵な地域の暮らしを実現しよう

120105_0734~01.jpg

 木の消費の最前線に対して、今までとは違った「木の家の価値」を提案するためには、木の家に関わるあらゆる職域の方々が、価値観をリセットしたうえで、その価値観の幅をどれだけ広げられるか、がポイントです。人生全体に質的な深い豊かさや自然との共生感覚を取り戻そうとするスローライフという考え方が、現在のライフスタイル現象となって現れていることを、本質的に理解できる方々はどのくらいいらっしゃるでしょうか。いわば当たり前のように自然や木に携わってきた方々の目に映るスローライフは、過去への回帰にしか感じられない側面があることは否めません。
 地域材住宅づくりに携わるひとは、スローなライフスタイルの提案者であり、実践者であることが必要です。森林の利用と保全をしないと環境が悪くなる、木の家は呼吸する家だから体にいい、日本人はやっぱり木だ、というように“昔流儀”に木の家の良さを提案するのでなく、豊かな地域生活の提案者でありたいと考えます。
posted by 木の住まいづくり研究所/アクトホーム株式会社 at 20:38| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

スローなライフスタイル提案と木の家

120107_0809~01.jpg

 物質的繁栄や量的な充足、効率化と高速化を求めた20世紀は、「食」という最も人間的な分野でも、早さと手軽さと効率をひたすら求め、その結果ファストフードが急速に世界を席巻しました。それは一面では生活を便利にしたものの、心の豊かさや人生の充足感という観点からは遠いものでした。その反省の上に立って、「正体が明らかな地域の食素材を使って手作りで食べよう」というスローフード運動が脚光を浴びました。
 それは食生活だけでなく、スローをキーワードとして、人生全体に質的な深い豊かさや自然との共生感覚を取り戻そう、地域そのものを生活に取り戻そう、という考え方に発展してきました。あえて手間のかかる回り道をすることで、自然や地域や人生そのものをより深く本質的に楽しもうとするのがスローライフ。量や数値ではなく、質的な、主観的な深さが大切です。
 スローライフは、あらゆる生活のジャンルにおける考え方へ発展しました。住環境でいえば「森林資源の循環型利用」のための重要なプロセスにあたる「地域材による木の家づくり」は、スローフードでいうところの「正体が明らかなものを、郷土が育んだ料理法で食す」 という概念と、価値を同じくしています。
posted by 木の住まいづくり研究所/アクトホーム株式会社 at 20:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

地域の素材・人材を生かしてつくる

地域の材は、そこに暮らすあなたと同じ気候の中で生まれ、呼吸をし、育ってきました。地域の風土と寄り添い生きてきた材には、自ずとその土地の気候風土に耐える力が備わり、目には見えない心地よさや、なじみ感を生みだしてくれるものと考えます。
人材も然り。日本建築を熟知し、地域の気候風土を知る建築家や技術職人は、木を知りつくした日本人の知恵と、地域を知り尽くした技術の継承者です。

この、地域における二つの材を生かすことが、地域での暮らしにもっとフィットした住まいづくりを可能にします。そして、地域の自然と経済の健全なサイクルを促し、住まいづくりの知恵を次世代へとつなげます。
posted by 木の住まいづくり研究所/アクトホーム株式会社 at 14:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の素材・人材を生かしてつくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私達が取り組む住まいづくりとは?

山と森に恵まれた日本人は、古くから生活の様々な場面で木を使い、木の文化と技術を育んでき
ました。木の住まいには、先人たちが長らく培ってきた知恵が凝縮され、地域の暮らしに根ざした
工夫がなされています。一方、現代は様々な文化や建築様式が取り入れられ、新素材の開発は、
これまでにない機能性やデザインを生み出すことを可能にしました。

木の住まいづくり研究所では、日本建築が持つ知恵と技術を生かし、地域の流儀と時流に沿った
テイストを取り入れデザインした住まいを提案していきます。
今までとはちょっと違う心地よさ、カッコよさ。そんな住まいをカタチにします。

・ シンプルでシックな美しい住まい。
・ コストパフォーマンスに優れた住まい。
・ 建築家による、細部に目の行き届いた洗練された住まい。
・ 地域の素材をふんだんに使ったなじみのよい住まい。
posted by 木の住まいづくり研究所/アクトホーム株式会社 at 14:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私達が取り組む住まいづくりとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木の住まいづくり研究所って何をしているの?

もっと気持ち良く生活するために、もっと楽しく暮らしていくために、
暮らしのステージとなる住まいづくりの、新しい在り方とカタチを考え、創造しています。

お客様と地域の優れた人材、素材とをつなげ、
新しい住まいの提案と相談から施工に至るまでをトータルでサポートします。
posted by 木の住まいづくり研究所/アクトホーム株式会社 at 14:38| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の住まいづくり研究所って何をしているの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。